デオメッシュ

デオメッシュの特徴

①消臭効果:悪臭成分を吸着・分解します。

②抗菌効果:抗菌性に優れており、雑菌の繁殖を防ぎます。

③持続性:吸着と分解を繰り返すため、長期間効果が持続します。

④防炎性:(財)日本防炎協会の防炎認定品です。

①消臭効果

臭いの種類 主な成分 感知濃度
 トイレ臭 アンモニア 0.15ppm
魚臭 トリメチルアミン 0.0001ppm
卵臭 硫化水素 0.0005ppm
タマネギ臭 メルカプタン 0.0001ppm

臭いのもとはタンパク質です。

私たちが悪臭と感じる成分は相当数です。

その中で、代表的な悪臭成分を左の表の通りです。

表からも分かる通り悪臭を感じるもとは、極めて微量なのです。

悪臭成分を無くす方法は2種類

1つ目は臭いを上からかぶせてごまかす方法。

2つ目は、空気中から臭いの成分のカスを吸着して取り除く方法。

2つ目の方法は、活性炭・ゼオライト・セラミックスなどです。

デオメッシュではメッシュ状の高強度織物に、この酸化鉱石と竹炭を合成しました。




左記のグラフは、デオメッシュによる消臭効果を表したものです。

縦軸は、臭気濃度で上にいくほど、臭気が強くなります。

横軸は、経過時間で右にいくほど、時間が経っていきます。

デオメッシュにより消臭されているのが分かります。

②抗菌効果



左記の表は、抗菌性のデータです。

標準布と比べてデオメッシュは抗菌性が高いことがわかります。

③持続性



消臭効果が低下した場合、天日干しをすると消臭効果が回復します。

吸着と分解を繰り返すため、長期間効果が持続します。

デオメッシュ活用事例

作業用ヘルメット

安全管理は何よりも優先されますが、暑いときにも終日かぶっている作業用ヘルメットに、デオメッシュをインナーパットとして挟み込みました。

いやな汗のにおいを抑え抗菌作用も相まって作業効率もあがりました。

医療・介護用ベッドパットの下敷き

介護や医療の現場では、安全な防臭・抗菌機能が求められます。

そこでデオメッシュは、ベッドパットのサイズでマット下に敷きこみます。

ベッド下の環境改善と汗などによるにおいの発生を抑えます。

自動車用ドッグネット

クルマのドッグネットをデオメッシュに交換すると、クルマに残るペットのにおいを抑え、抗菌作用で清潔な車内環境を実現します。

ロールスクリーン状にしやすく丈夫なデオメッシュならではです。

印刷工場・食品加工工場などの強い臭気を伴う施設へ、ブラインドなどの代わりに設置しました。

防臭抗菌効果は、持続的で安全衛生な環境で集中力がアップします。

喫煙所

作業現場や事務所の喫煙スペースのスクリーンとしてデオメッシュを設置すると、周辺へのたばこのにおいを抑え、快適な喫煙空間ができます。

建設現場などの仮説空間にもお勧めです。

防炎機能もデオメッシュの特徴です。

デオメッシュ導入事例

 喫煙所のスクリーンとして採用いただきました。

 工場内ブラインドとして導入いただきました。